スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■撮影のお休みについて

撮影は金曜日と土曜日にお受けしておりますが、6月16日(金)と17日(土)は撮影をお休みいたします。

2013年3月16日土曜日

α77レンズキットで灯台と星空撮影!楽勝。|鮫角灯台撮影方法編

[SONY SAL1650 F2.8 15/1 ISO800
α77で灯台と星空を撮影。あら、意外と簡単!
灯台と星空・・・なんてステキな景色でしょう!!!
灯台の強い明かりが気になりますが、ご安心を。基本的に星空の撮影方法と違いはありません。

この記事ではこの写真の撮影方法&現像方法をご紹介します!

α77とSONYの優秀なキットレンズSAL1650で、楽々撮影!


ノイズなんて気にしない!
思い切った設定で美しい一瞬を残そう!
ひとつひとつ美しく輝く星。暗闇に白く浮かび上がる灯台。
一瞬をきれいに写そう。
僕の個人的な考えですが、写真って撮影する時も鑑賞する時も、一瞬の感動が大切だと思うんです。
写真に出会ったその瞬間「観る人が何を思うか」を大切にしたい。
だから、高感度でノイズが乗っても気にしない!一枚に写る一瞬の感動を大切にしたい!

▼撮影時に僕が気をつけたこと▼
1.星が流れてしまわないように、ISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐ。
2.思い切ったプラス補正で、バレないようにごまかす!
3.初心者でも簡単なように、絞り優先モードで撮影。
4.パソコンで編集しやすいように、RAWで撮影。

▼撮影時に用意するもの▼
・三脚
・レリーズ
・海辺はめっちゃ寒いので、羽織るもの。
・熱めのスターバックスラテ

▼カメラの設定▼
なるべく短時間で明るく撮るために、思い切った設定をしましょう!
・絞り優先モード
・ISOは大胆にISO800とか1600とか3200に設定!
・F値は解放
・シャッタースピードはカメラにお任せ
・露出補正は思い切って+2!

あとは、カメラを三脚に固定してレリーズをくっつけてシャッターを切るだけ!
ハイ簡単!
シャッタースピードが15秒とか30秒とかになるので、カメラが揺れないように注意しましょう。

RAW現像でさらに美しく。
SONYの一眼に付属される現像ソフトImage Data Converterも中々使えるソフト。
高感度時のノイズをキレイに消すのも、色調を変えるのも簡単。

僕はAppleのApertureで現像しました。

▼元々の写真はこちら▼
このままでも充分にキレイですね♪
[SONY SAL1650 F2.8 15/1 ISO800

▼RAW現像後▼
灯台が放つ光、星の美しさ、白い灯台の存在感を引き立たせたくて、少々青がキツいですが、こんな感じに仕上げました。
[SONY SAL1650 F2.8 15/1 ISO800

これからのあたたかくなるシーズン、是非皆さんも星空や灯台の撮影を楽しんでくださーい!!




スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

2 件のコメント :

  1.  初めまして。私は鮫角灯台は行った事がないです( 小舟渡の階上灯台は三度ほど行ったのですが )。
     昼の写真は白いだけだったので、夜のは、周りの木の写り込み だと思われます。
     これからの季節、結露の心配も少なくなり、撮影がはかどりそうですね。
     α77、撮影データがファインダーを見なくても確認できるのがいいですね。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。コメントありがとうございます!
      そうです。灯台に光が写り込んでいるのは、灯台が丘を挟んで道路に面しているので、どうしても車の光が入り込んでしまうんです。
      これはこれで、面白い模様になって良かったです☆
      八甲田や札幌、、今年はいろんなところに撮影に行きました。
      やっと春、結露の心配をしなくて良いだけで気が楽になります。桜が楽しみ!
      Sonyの一眼はライブビューでの撮影が非常に楽なので、こういった夜景や星空の撮影時には非常に役に立ちます。

      嬉しいコメントありがとうございました!また当ブログにぜひ起こしください。

      削除

コメントしてってね♪