スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2013年1月27日日曜日

暗闇の工場夜景|消灯後の東北グレーンターミナル

ISO50!露光時間5分!暗闇に浮かぶ東北グレーンターミナルを撮影しました。
八戸セメントに次いで八戸を代表する工場萌えポイントのひとつ、東北グレーンターミナル・・・。
工場夜景というと“光”が重要な役割を果たしますが、今回は夜遅く、あえて消灯後のグレーンターミナルを撮影してみました。
一切の照明がない状態での撮影となりました。

撮影方法やこの他の写真は
「もっと読む」をクリックしてご覧下さい。


α77が写し出した、暗闇の工場夜景。
SONYの一眼α77は、ISO50の低感度での撮影が可能です。
F2.8 16-50mmの理想的なキットレンズ、2400万画素のセンサーとの組み合せは最高。
高精細で美しい一枚を残すことが出来ました!
撮影時期2012年6月

■カメラの設定■
・カメラ機種 SONY α77
・レンズ SONY DT 16-50mm F2.8 SSM
・焦点距離 50mm (35mm換算で75mm)
・絞り f/11
・ISO感度 50
・シャッター速度 約5分
・露出補正 0
・レリーズと三脚は必須
・シャッターを切る前に念のためにトイレ推薦

■JPEGで撮影する際は露光時間を長く■
僕はいつもRAWで撮影して、Apertureで編集し、書き出しています。
書き出し前の写真はこれよりかなり暗いです。
JPEG撮って出しの場合は、これよりも露光時間が長い方が良いと思います。

以上が撮影方法です。
要するに、どのカメラでも以上のような設定で簡単に撮れてしまう・・・ということです!
夜の10時を過ぎると消灯するようです。
意外と簡単なんで、試してみてくださいね♪

点灯時はこんな感じ。
やっぱり照明がついるとエネルギーに満ちていてカッコいいですね!
こうして見比べてみると、消灯後の姿は静かな印象ですね。

ツヤツヤしてゴツゴツして入り組んだこの感じ、工場好きには溜まらないですね〜♪
なんか、映画に出てきそうです。その辺にブルースウィルスが隠れていますよたぶん。


でも、何をしている会社なんでしょうね?
調べてみたら、飼料用穀物の流通の拠点なんだそうです。
なかなか夜中に行く機会は無いと思いますが、、、、夜中に一人で行くのはなかなか勇気がいります。
目に見えない世界をカメラが写し出す、長時間露光。
「長時間露光って楽しいなぁ」と思えた撮影でした!

▼関連動画 2013/1/27 19:17追記(Thanks 聖幸さん!)
東北グレーンターミナルが紹介されている動画です。


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪