スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2013年11月18日月曜日

親愛なるミッキーマウス様へ・・・お誕生日おめでとう!

DSC05088
ミッキー、お誕生日おめでとう!
今日11月18日は、映画俳優ミッキーマウスさんのお誕生日です。
映画やディズニーテーマパークで、世界中に夢と感動を届けるミッキー♪
今回はミッキーのお誕生日をお祝いして、東京ディズニーリゾートで撮影したミッキーマウスの写真をお届けしますよ〜!!!
東京ディズニーリゾートのファンの皆さん!懐かしいミッキーも登場しますから、最後までどうぞご覧下さーい!!


1928年11月18日公開「蒸気船ウィリー」でデビュー。
正確には、1928年11月18日以前にも映画には出演していたんですが・・・
「蒸気船ウィリー」が公開された11月18日が公式のお誕生日(スクリーンデビューの日)となっています。

ミッキーはウォルトディズニーの命の恩人?
ウォルトディズニーは、短編作品シリーズ「しあわせうさぎのオズワルド」の配給を巡って、配給会社「ユニバーサル」と対立。
争いの末オズワルドを失ってしまったウォルトディズニーは、アニメーターのアブ・アイワークスと共に白ハツカネズミのキャラクター「ミッキーマウス」を生み出します。
失意の底で生まれた“彼”は、その表情がどこかオズワルドに似ています。
アブ・アイワークスとウォルトディズニーは、その後、考えの違いから決別・・・残念ながら別々の道を辿ったそうです。
DSC04126
[東京ディズニーランド One man's dream Ⅱ the magic lives onより]


ミッキーの名付けの親は、ウォルトディズニーではない?
ウォルトは最初、“彼”に「モーティマー」という名前をつけようとしますが、この名前を気に入らなかった妻リリアンの提案で「ミッキー」と名付けられました。

ミッキーのデビュー当初、ミッキーの声はウォルト自身が担当していたのだとか。
まさに、彼は今は亡きウォルトディズニーの分身そのものと言えますね!
DSC04487
・・・ユニバーサルのキャラクターとなってしまったオズワルドですが、ユニバーサルとディズニーが和解し、
2006年2月に「ディズニーのキャラクター」として返り咲いています。

さぁ!ミッキーマウスのお誕生日をお祝いしましょう!
今日11月18日は、ミッキーの永遠の恋人ミニーマウスのお誕生日でもあります!
ってことで、現在開催中のパレード「Happiness is here」からふたりのツーショット!
お揃いの衣装なんて来ちゃって、お似合いですねぇ♪
DSC04445

ではちょっと懐かしいミッキーを♪
2008年の東京ディズニーリゾート25周年から2013年4月5日まで開催されていた「ジュビレーション!」のミッキー。
白いと青で決めたタキシードがこれまたお似合い!
SONY α300で撮影
DSC05700.JPG

では、さらにさかのぼって・・・・
「心の中にあるマジカルを、もっと感じてみないかい?」
Be Magical!・・・2011年、東京ディズニーシー10周年をお祝いするミッキー。
いつもとはちょっと違う魔法使いの姿が可愛らしいですね。

この年は3月11日に発生した東日本大震災の影響で、東京ディズニーリゾートが長期休園に。
当初予定されていた東京ディズニーシーの10周年記念イベント「Be Magical!」は、規模を縮小しての開催となりましたね。
もちろん東京ディズニーリゾートも、震災復興に向けた取り組みに着手しました。
SONY α300で撮影
DSC01647

懐かしの20周年!!
Make a wish!!!
かなり昔の写真ですが、パソコンの中にありました!
「さぁ、ディズニーの夢を届けよう!」
流れ星をイメージした20周年の青いタキシードのミッキー!
2003年・・・もう10年前なんですね。僕がパークのファンになったのもこの年でした。
この年の春に行われた「ミッキーのギフトオブドリームス」は本当に感動的でした。
「リメンバーザドリーム」も本当に良かった・・・2003年の東京ディズニーランドは、本当に良かった・・・。
Finepix F700で撮影
DSCF3464.JPG

東京ディズニーシー5周年。
「さあ、祝祭の海へ」
2006年7月から翌年5月まで盛大に行われた5周年。
豪華客船SSコロンビア号の前、ドックサイドステージで始まった「オーバーザウェイブ」。
クリスマスには、ミッキーがサンタクロースの姿に・・・!!!キャー!カワイイ!!
MISIAが歌った5周年テーマ曲「Sea of dreams」もステキな曲でした。
Finepix F700で撮影
DSCF3898.JPG

東京ディズニーシーの写真をもう一つ。
「冒険とイマジネーションの海へ・・・ディズニーの海を旅しよう」
これは開園当初に行われていた「リドアイル・ミート・アンド・スマイル」のミッキー。
開園当初は昔の船の船長(?)の格好だったんですねぇ〜。
このショーを初めて見た時は僕・・・高校生だったなぁ、、、。
Finepix F700で撮影
DSCF1219-2 のコピー

ミッキーマウス、あなたは、世界の恋人。
映画にテーマパークに、時にはシェフになったり・・・いつも忙しいミッキーマウス。
世界中の人々に夢を与え続ける彼は本当にステキなヤツだと思います。
ちょっと照れ屋で決めポーズの時に鼻がピクピク動いちゃったり、ミニーが隣に居るとダンスそっちのけでイチャイチャしちゃうのも、彼の可愛いところ。

DSC00883

▼以下の動画は、Youtubeから、OMD2SHININGさんの動画を拝借しました。公開に問題がある場合は、コメント欄にてご連絡下さい。▼


【親愛なるミッキーマウス様へ】
ミッキー、ミッキーがいつも伝えている「夢は叶う!」という力強いメッセージから、僕も沢山の夢や希望、勇気をもらっているよ。
君に出会ったから“写真”に出会う事ができて、そして、今日このブログを書いている。

東京ディズニーリゾートが25周年だった2008年、ミッキーの姿を写真に収めたくて、僕は一眼レフを買った。
ミッキーの写真を撮っているうちに、きっと君は僕に魔法をかけたんだね。
それからというもの、写真を撮るという行為は僕の人生で最大の生き甲斐となった。

僕が写真を始めたのは、そう、君のお陰なんだ。
本当に深く深く感謝しているよ。

ミッキー、心から、お誕生日おめでとう!
そしてこれからも、よろしくね。
またパークに会いに行くから、待っててね。

DSC00282

最後に一番大事な事を・・・
ミッキーマウスはこの世に実在するのか?
どんな科学者にも立証出来ない一つの疑問があります。
アニメの世界の住人ミッキーマウスは、本当にこの世に実在するのか・・・。
僕の見解を言うならば・・・答えは「YES」です。

詳しくは言えませんが、東京ディズニーリゾートの運営会社「株式会社オリエンタルランド」の方とお話しさせていただいた時の事、ミッキーマウスに関しての僕の質問にオリエンタルランドの人はこう答えました。
「その質問に関しては、彼がどう考えているのか、ミッキー本人に確認しておきます」と。

ウォルトディズニーが生み出した世界を受け継ぎ、彼(ミッキーマウス)を愛し続ける人が居る限り、彼はこの現実世界に存在し続ける事が出来ます。
これこそが、世界の人々が彼にかける事が出来る唯一の魔法。
そう、彼は私たちの魔法の力によってこの世に存在し続けているのです。

ミッキーマウスを愛し続け、ウォルトディズニーの精神を伝え続けるウォルトディズニーカンパニーやオリエンタルランドに、
ひとりのディズニーファンとして、心から敬意を表します。
ありがとう、ウォルトディズニー。
DSC04481


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪