スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2012年5月29日火曜日

工場萌えの入り口で。



海から栄えた町、青森県八戸市は北東北で一番の工業地帯でもあります。
大山顕氏の工場 (文庫ダ・ヴィンチ)でも紹介されるほど。

某SNSでは、八戸の「工場萌え」なフォトグラファーたちが熱く語り合っています。

写真は、八戸を代表する工場「八戸セメント」の入り口付近。
おそらく職員の方々は、川沿いにあるこの通路を通って工場に向かうのだと思います。
撮影中も何台かの車が横切りました。
夜になると、この工場がある新井田川の川沿いはひっそりと静まり返ります。
そしてこの青い光が、壁と、道と、水面を照らします。
・・・ちょっと怖い。。。けどワクワクする。
そう、この向こうには“工場”があるのです。

大きな塔のようなシンボリックな工場は、ある意味、ちょっとしたパワースポット的な存在。

その工場を写した写真は後日。


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪