スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2017年5月21日日曜日

SNS疲れを感じるけど退会できない、、、もう辛い、、、そんな時に僕がしたこと。

SNS全盛の昨今ですが、僕も2010年からTwitterやFacebookなどと言ったSNSを利用し、日々の情報収集や知人とのコミュニケーションに役立てています。タイムラインには全国各地の写真愛好家や写真家の作品も流れて来て、とても良い刺激をもらっています。
しかし、情報の渦に飲まれて少し疲れてしまうことがある事もしばしば、、、。短い文章や写真だけのコミュニケーションではニュアンスが伝わらず、誤解を招く事も時々あります。
バスや電車の中でも、カフェでも、どこにいる時でも、多くの人々はスマートフォンの液晶画面の世界に身を置いています。
そんな中で、SNS疲れをどうにかしようと、この春、思いきってSNSを断ち、「人に直接会って話をする」という事を実践してみました。
その感想を、綴っていきたいと思います。




楽しいはずなのに、疲れてしまう。

SNSでのコミュニケーションは、「いいね」やリツイート、コメントなどがいっぱいくるととても楽しいものです。
が、楽しいがあまりに夢中になりすぎて疲れを感じてしまう、、、という人も多いのではないでしょうか。
中には、実際に会うととっても仲良しなのに、SNS上ではネガティブな事を言ってしまったり、言葉のニュアンスが伝わらずに誤解を生んでしまう・・・なんて事もあったりします。
楽しむためにやっているのに、疲れたり悩んだりしてしまう・・・これでは本末転倒です。

退会すれば楽になる?・・・でも・・・・。

じゃぁ、退会すれば楽になるのでしょうか。
もちろん楽になると思います。
ネット上を調べてみると、「SNS断ちをして楽になった」という人が結構います。
SNS断ちの本も出ているほど。
ちょちょいっと退会手続きをすれば辞められるはずですが、でも、SNSのメッセージ機能が友達との大切な連絡手段になっていたり、好きなアーティストの書き込みをチェックしたかったり、遠方の友達の近況を知ったりと・・・SNSは日常生活の中で何かと便利だったりもする。
だから、そう簡単には辞められないという人も多いと思います。


退会できない・・・思いきってアプリを消してみよう!

僕も悩んでいて、SNSが辞められずにいました。
そこで、退会することは難しいと思い、代替手段として試しにiPhoneからSNSアプリを消してみることにしました!
iPhoneから
・Twitterアプリ
・Facebookアプリ
を消してみました。
FacebookメッセンジャーとLINEは、友達や仕事の連絡手段として使っているので消しませんでした。
これは結構勇気のいることでした。だって、無性にSNSに書き込みがしたくなっても、書き込みを我慢しなければないんですから・・・・。
で、どーしてもTwitterやFacebookを使う必要があるときは、ブラウザからログインして使うようにしてみました。

最初は書き込みたくてムズムズする。でもその内に気分が楽になってくる。

始めて2~3日は、書き込みたい衝動を抑えるので大変です。
例えば、テレビドラマを見ているとき、いい感じのお店を見つけたとき、お昼ご飯を食べたとき、ちょっと愚痴を言いたい時など、1日のうちで何度も書き込みたい衝動に襲われます。
こんなにもSNSに依存していたとは、、、思ってもいませんでした。
しかし段々とこの生活に慣れてくると、SNSの存在が薄れて、良い効果が出始めました。
例えば
・フォロワーの増減が気にならなくなる
・「書き込みたい!」という衝動の頻度が減る
・リア充やネガティブな情報が入ってこないので、なんとなく気が楽になる
・政党批判や国際問題など、重いニュースが入って来なくなる
など、気持ちの面で楽になってきました。
日常生活の中で、SNSを意識することが少なくなったのです。

友達を誘っておしゃべりしてみる。

しかし、どうしても友達と連絡を取る必要が出てきます。
そんな時はFacebookメッセンジャーやLINEで連絡を取り「今度の週末会わない?」とお茶や飲み会、ドライブなどに誘うようにしました。
文字だけのやり取りはどーしてもニュアンスが伝わらないので、メッセージでは深い内容のやり取りはせず、なるべく直接会っておしゃべりをするようにしました。
僕は友達が多い方ではありませんが、カメラ仲間を中心に20代から60代まで色んな年代のお友達がいます。
スタバやタリーズ、ファミレスで近況報告をしたり、夜の横丁を撮影して遊び、行きつけの店で晩御飯を食べながら情報交換をしたりしました。
案外、みなさん誘えば時間を調整してくれて、自分のことを大切に思ってくれていたんだと再認識しました。

直接会って話をする事で、日々の生活の充足感を取り戻す。

SNSアプリを消して、なるべく友達に会うようにする・・・という事を実践して1ヶ月ほど経つと、
・友達との信頼関係が深くなる
・日常生活の充実感が増す
・ネガティブ思考になる頻度が減る
・テレビニュースなどの世の中の動きが新鮮に感じられる
などの効果が現れました。
以前はフォロワー数の増減に一喜一憂したり、ネガツイに反応して自分もネガティブになってしまったっりということがよくありましたが、全くと言っていいほど無くなりました。
・好きなことや興味のあることの情報が入ってこない
というデメリットも出てきましたが、友達に会って心の交流をすることの充実感に、日々の暮らしが豊かになったような気がしました。
僕は中学校のときに先輩にいじめられた経験があり、何か知人が自分のいないところで話しているだけで当時の記憶がフラッシュバックして「嫌われているんじゃないか」なんて思ったりすることもあるのですが、アプリを消してからはその頻度も減ったように思います。

諸刃の刃?投稿専用アプリ!

でも、でもでも、どーしてもツイートしたくなる時があります。
そんなときに発見したのが、「ツイート専用アプリ」!!
FosPasというアプリです。
このアプリはツイッターに書き込みはできるけど、タイムラインを一切見ることができないというなんともすんばらしいアプリです。
どうしてもツイートしたい時は、このアプリを使うことにしました。
趣味の写真を載せるために、1日に数回は使っていたと思います。

そして、SNSに復帰。

1ヶ月ほどして、再びSNSアプリをiPhoneにインストールしてみました。
まぁ、どうしても必要な時はブラウザからログインしていたし、投稿専用アプリを使ったりもしていたので、完全にSNSから離れていたというわけではありませんけどね。
で、アプリを再び入れてからは、以前のように無意味にネガティブになったり、頻繁にアプリを開いたりしなくなり、SNSと距離感をもって付き合うことができるようになりました。
フォロワーの増減に一喜一憂しなくなったので、フォロワー増減チェックアプリを消しました。
いいねやリツイート、リプライが少なくても、全く気になりません。
それはきっと、知人に直接会って話すということが、信頼関係を強くしたからだと思います。自分を受け入れてくれる仲間がいるという実感は、SNSで沢山いいねが付く事よりもずっと質の高い充足感を与えてくれます。
・・・と、こんな感じで、SNSからちょっとだけ離れる事で、僕は心の安定を取り戻しました。

まとめ

・SNSに疲れたら、思いきってアプリを消す。
・どうしてもSNSを使いたくなったら、ブラウザからログインする。
・ネット上のやり取りよりも、直接友達に会った方が満足感が高い
・心が安定してきたらアプリを再び入れてみる
これで、ある程度は心の安定を取り戻せるのではないでしょうか。
SNSに疲れた、、、けど退会する勇気がないと言う人は、少しの間スマホからアプリを消してみるといいかもしれません。
いいねをいっぱい貰うよりも、仲間に直接会っておしゃべりをした方が、ずっとずっと高い充足感が得られると思います。


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪