スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2015年8月12日水曜日

フォースと共にあれ!スターウォーズねぶたを本気で撮ってみた。撮り方も解説。

Do or do not, there is no try.
やってみる、ではない。やるのだ。
2015年の青森ねぶた祭りはものすごく話題になった ねぶた が登場しました!
そう!スターウォーズねぶたです!!
これが見たくて青森ねぶたに行った・・・と言っても、過言かもしれないけど・・・いや、過言ではありません。

ということで、写真を撮るなら本気で撮ろう!と思い立ち、スターウォーズねぶたを本腰入れて撮ってきました。



Made in Aomori!
このスターウォーズねぶた、ディズニー社が青森ねぶたの主催者に声をかけて実現したそうです!
青森内の若手が作ったのだとか。
青森ねぶた期間中はねぶたの展示施設「ワラッセ」の屋外と館内に2台ずつ、合計4台が展示されていました。
サイズはどれも通常のねぶたの4分の一ほど。

いつも東京ディズニーランドのスターツアーズで会えるC-3POとR2D2。
名コンビもなんだか和風チックで素敵!

こちらは2015年末の「フォースの覚醒」の新キャラでしょうか?


ワラッセ館内にはあの人たちが!
残りの2体はワラッセの有料スペースにあるというので、600円の入場料を払って展示スペースへ。

おおぉぉぉお!ありましたよ!お馴染みのダースベイダー、ダースモール、そしてパルパティーン!



ヨーダ!オビワン!


そしてアナキン♪


よっしゃ、本気入れて撮ったる。
・・・と、なぜかふつふつとしたものが湧いてきた僕は・・・

ねぶたでよく見るあのぶわわわわってなった写真を撮ろうと思ったのです。

「ぶわわわわ」ってなった写真の一例がこちら

まずは、オビワンから。
おぉぉ、まるで今にもライトセイバーの音が聞こえてきそう!!!

きゃー!ダースモール様!
こ、、、こわい。(頭の黄色いツンツン痛そうだな。)

ベイダー卿。
危ない!ライトセーバーがこっちに向かってきてますよ奥さん!!!
昔は手先が器用で向上心に満ちたいい子だったんだけどねぇ(しみじみ。)


で、最後はヨーダ!
おぉぉぉぉ!なかなか良くないすかこれ!やっぱりヨーダが一番だよーだ!(親父ギャグ)
お年を召しても勢いを失わないヨーダ。

解説!「ぶわわわわ」ってなる撮り方!
では、ねぶたのこの勢いのある写真の撮り方をちょっくら解説。
基本、一眼レフを使います。

1.撮影モードはシャッター優先
2.シャッタースピードを遅くする だいたい1/20〜1/30くらい。
3.ファインダーを覗いたら、中央に顔が来る構図にする。
4.ここが重要!シャッターを切るときに、ズームリングを一気に回してズーム!
このとき、横や斜めにカメラが動くとうまく撮れません。顔の中央に向かってブレずにまっすぐにズームするようにして撮ります。

ってな具合で撮れば、簡単に撮れますよ。

ぶわわわわ


ってな感じで、本腰入れてスターウォーズねぶたを撮ってみました。
年末の映画公開がちょっと楽しみになった、青森ねぶたでございました♪






スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪