スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2014年8月12日火曜日

アイディアてんこ盛りの正統派、吉田産業グループ山車組。

吉田産業グループ山車組の山車を紹介します。
八戸三社大祭特集真っ最中の当ブログ。山車組紹介第二弾です。
前回は40周年を迎えた城下附祭山車組を紹介しましたが、今回は「吉田産業グループ山車組」を紹介します。


発想力に満ちた正統派山車組。
吉田産業グループ山車組は毎年三社大祭初日の8月1日に行われる山車の審査会において、毎年上位に入賞する“強豪”の山車組です。今年は、優秀賞を受賞。

27組ある山車組にはそれぞれ特技や特徴がありますが、吉田産業の山車は「正統派」と呼ぶにふさわしい、ダイナミックでバランスが良く、色彩が豊かで、見れば見るほど面白みが感じられる・・・そんな山車だと思います。

個性を放ちながらも、しっかりと豪華絢爛にまとめあげる技。
吉田産業のすごいところは、正統派でありがながら個性派でもあるところ。
過去の山車のことを言うと、ものすごく大きなウミネコが登場したり、これでもかという程に魚が登場したり、大きな蜘蛛、大きな向鶴など・・・見る人を楽しませようと言う思いがひしひしと伝わってくる山車を作ります。
発想力が豊かな山車組です。

今年の題名は「吉兆 三社の神々と福の神〜八戸の祭礼を楽しむ〜」。
三社大祭の神社行列や、冬のお祭り「えんぶり」など、八戸を代表するお祭りを七福神が楽しんじゃっているというもの。


七福神が八戸のお祭りで遊んでいる場面が沢山登場します。
その一部を紹介すると・・・
神様がえんぶりの烏帽子をかぶったり・・・・


神楽で遊んじゃったり・・・


虎舞をやっちゃったり・・・しています。


人形の表情が引き締まっている。
吉田産業の山車人形の特徴は、表情が引き締まっているところ。
口が閉じた状態の人形が多いです。
唇や瞳、鼻の穴までしっかりと作り込まれています。


吉田産業グループ山車組はこういった様々なアイディアを山車にバランスよく配置し、
遠くから見ると豪華絢爛でありつつ、近くで見るとアイディアがいっぱいの楽しい山車にまとめあげます。
そういった意味で、この山車組は「アイディアてんこ盛りの正統派」だと思います。

この山車組のすごいところをもう一つ言うと、殆どの山車組は山車の完成が近づくと山車を広げて全体のバランスを入念に調整するのですが、
吉田産業の山車小屋は大通りに面しており中々微調整が出来ない環境にも関わらず、これだけの山車を作り、優秀賞を受賞しているところだと思います。

8月2日になると・・・山車が変化する?
キャー!ミッキー♡
8月1日の審査が終わると、ちょこっと山車に変化が起こることも・・・。
今年の吉田産業の山車には、世界的に有名な映画俳優のミッキーマウスが登場しました。
この記事の1枚目と2枚目の写真をよーく見比べると、ミッキーがどこに居るのか分かると思います!

ちなみにこちらがホンモノのミッキー。
おぉぉぉ、ディズニーファンの僕に言わせると・・・、合格点!


アイディアてんこ盛りの正統派山車組。来年の山車も楽しみです!
吉田産業グループ山車組は子供たちのお囃子もとても上手ですし、まだまだ語りきれない魅力があります。
山車の展示を行う前夜祭や後夜祭では、山車の構成を解説するアナウンスが流れるのも嬉しいところ。
これをやっているのは、おそらく吉田産業だけです。

今年の山車はとても良かったので、どこかでまた見られる機会があればいいですね!

今回の記事はこの辺にして・・・また来年、どんな山車を見せてくれるのでしょうか??
今からとても楽しみにしています。


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ