スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■現在、管理人からのお知らせはありません。

2013年9月25日水曜日

すごい!青森県の祭りが、八戸に集結!あおもり10市大祭典。

大大大興奮!あおもり10市大祭典を見てきました!
9月21日から23日まで八戸市庁前と中心街で行われていた「あおもり10市大祭典 in 八戸〜あおもり魂元気宣言!〜」に行ってきました!!

「10市」は、“とし”と読みます。
青森ねぶた祭り、弘前ねぷた祭り、五所川原立佞武多(たちねぷた)、そして我らが八戸三社大祭などなど、県内の10の市から祭りが大集結!!
こんな豪華な祭りみたことない!
ってことで、興奮しながら撮影してきましたっ!

今回の記事は写真多めです!どうぞごゆっくりとご覧くださいませ〜♪


県内10カ所の祭りが、八戸市に集結!
この祭りは、東日本大震災を機に2012年からスタート。
去年は青森市で開催し、今年は県内でももっとも被害の大きかった八戸市を舞台に行われました。
青森県に住んでいても、他の地域のお祭りって意外と見た事が無いんですよね。
今回初めて、ねぶた、ねぷた、立佞武多、馬ねぶたを見ました!どれも好きになっちゃった!
この写真はつがる市の馬ねぶた。予想のつかないすばしっこい動きが楽しい!



青森県が世界に誇る火祭り、青森ねぶたまつり。

こわい形相のでっかい山車!一瞬びくっとしちゃいました!
青森ねぶた祭りは、言わずと知れた日本の夏祭り。
8月2日から8月7日まで青森市で開催されます。


津軽の魂を感じるダイナミックなねぶた!
夜間のパレードでは客席にぶつかりそうなくらいに迫る場面も!
その動きの激しさと山車の迫力に、ただただ驚きました!


青森市の鹿内(シカナイ)市長がハネトとして参加!
これは来年青森に行くシカナイ!
市長の激しいハネトぶりに感動!まじで青森にいくシカナイ!


とにかくねぶたは盛り上がってめちゃくちゃ楽しい!
この時ばかりは八戸市民の僕もラッセラーラッセラーと叫びましたよ!


お囃子もどうぞ!


80もの山車が参加する、弘前ねぷたまつり
ねぷたも初めて見ました!城下町弘前を舞台に、8月1日から7日まで開催されます。
今回八戸に来た山車は小型サイズですが、もっと大きなものもあるそうです。
本場弘前では、大小なんと80もの山車が練り歩くのだとか。

細部まで描かれた絵がとってもきれい!


弘前城ミス桜もとってもきれい!


印象的な「やーやどー」のかけ声のお囃子。
太鼓の音が、ゆったりとしたテンポにのって、ずしんずしんとお腹に響きます。
津軽のお祭りの中では、一番味わい深いお祭りかも。


大大大迫力!一番人気の五所川原立佞武多!!
10市大祭典の中でもっとも人気があったのが立佞武多!
8月4日から8月8日まで開催されるお祭り。
ある家庭で古い設計図が見つかり、平成になってから復活したお祭りです。


今回参加したのはオトナの事情で小さな山車でしたが、それでも迫力は充分!
2体の山車を見る事が出来ました。
基本的な構造は青森ねぶたと同じなんだとか。
青森ねぶたの山車も、その昔は立佞武多のよう立ち上がった状態の山車があったそうです。


最大でなんと20メートルもの山車が五所川原市内を悠々と闊歩するそうです!
いやぁ、このお祭りは是非是非見に行きたいですね〜!

あ、余談ですが「たちねた」じゃなくて「たちねた」が正しいそうです。


カッコいいお囃子もどうぞ!


やっぱりこれだね!
細部まで作り込まれた山車!豪華絢爛な八戸三社大祭。

青森県の夏祭りで一番最初に始まるのが青森県最大の神事「八戸三社大祭(はちのへさんしゃたいさい)」です。
7月31日の前夜祭から8月4日の後夜祭まで、豪華絢爛な山車27台が八戸の街中を練り歩きます。
今回参加したのは、三社大祭の代表的な山車組のひとつ、吉田産業グループ山車組。


津軽の祭りとはひと味違うゆったりとしたお囃子。
表情や手の動き、衣装、細部の細部まで徹底的に作り込まれた人形。


青森県の祭りの中で、最も美しく豪華な祭りだと思います。


数えきれないほどのパーツが、一つの山車にバランスよく配置されています。
色彩も鮮やか!





ゆったりとしたお囃子もどうぞ!


青森県の魅力にどっぷり浸った3日間でした!
いやぁ、お祭りづくしのお腹いっぱいの3日間でした!ごちそうさまでした!
青森県の祭りのスケールのデカさを改めて感じました。

来年は、青森県の祭り巡りをしてみようかな!?






スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントしてってね♪